受容体タンパク質

おすすめの受容体タンパク質の一部

品番 製品名 純度 内毒素
10001-H08B ヒトEGFR / HER1 / ErbB1 タンパク質 (His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10004-H08H ヒトHER2 / ErbB2 タンパク質 (His Tag) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
13482-H08H ヒト B7-H5 / Gi24 / VISTA タンパク質 (His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
51091-M02H マウス EGFR / HER1 / ErbB1 タンパク質 (Fc Tag) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50324-M03H マウスCD40 / TNFRSF5 タンパク質 (His & Fc Tag) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50613-M08H マウス ACVR2A / ActrIIa タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80018-R08H ラット CD32b / FCGR2B タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
81072-R02H ラットIL-6R / CD126 タンパク質 (Fc Tag, ECD) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
90295-C08H カニクイザル HER2 / ErbB2 タンパク質 (His Tag) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80101-R08H ラットVEGFR1 / FLT-1 タンパク質 (His Tag) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
90014-C08H カニクイザル CD32b / FCGR2B タンパク質 (His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
90304-CCCH カニクイザル / アカゲザル c-MET / HGFR タンパク質 > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質

受容体タンパク質のバックグラウンド

受容体タンパク質は細胞表面膜、核膜または他の細胞小器官膜内に位置する。それらは、対応するリガンドに結合して、細胞シグナル伝達経路を開始することができる。受容体チロシンキナーゼ、インターロイキン受容体および成長因子受容体のような細胞表面受容体に関して、それらは一般的に細胞外ドメイン、膜貫通ドメインおよび細胞内ドメインという3つのドメインに細分される。受容体タンパク質は、最大の生物学的標的ファミリーを形成する。例えば、GPCR(Gタンパク質共役型受容体)は、現在の薬物の50%以上の標的である。GPCRファミリーメンバーは、7回膜貫通ドメインと独特の構造を共有する。受容体チロシンキナーゼは単一膜貫通タンパク質である。それらは、正常細胞プロセスにおける主要な調節因子であり、また多くのタイプの癌の発生に関与している。受容体チロシンキナーゼの細胞外部分は、成長因子およびサイトカインとの結合を担う。細胞内ドメインはキナーゼ活性を有する。多くの研究は、受容体型チロシンキナーゼの細胞外ドメインおよび細胞内ドメインの両方に対する治療薬の開発に焦点を当てている。