プロテアーゼタンパク質

最高のEK \3Cプロテアーゼを保証する

  • 安定した製品品質
    低価格、費用対効果が高い
    操作が簡単で、時間を節約する
    poly His tagにより、除去が容易
  • 高いプロテアーゼ活性
    高純度、低公害
    組換えタンパク質の精製に適する
    1000種以上のタンパク質の精製に使用される

Typical Quality of EK\3C Protease


図1.EK / 3Cプロテアーゼの高い純度

図2.EK / 3Cプロテアーゼの良好な活性

おすすめのプロテアーゼタンパク質(一部)

品番 製品名 純度 内毒素
12517-H08H ヒトカテプシンD / CTSD タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
13082-H08H ヒト PGA4 / ペプシノゲンA タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10483-H08H ヒト カテプシン B / CTSB タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10487-H08H ヒト カテプシン S / CTSS タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10896-H08H ヒト ADAM12 タンパク質 (His Tag) > 98 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50959-M08H マウス CNDP1 タンパク質 (His Tag) > 93 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11760-H07H ヒト DPP10 / DPRP3 タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11820-H08H ヒト KLK-8 / カリクレイン-8 タンパク質 (His Tag) > 98 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11760-H07H ヒト DPP10 / DPRP3 タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10969-H08H ヒトレニンタンパク質 (His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10836-H08H ヒト HPRG / HRG タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11834-H08H ヒト Fetuin-B / FETUB タンパク質 (His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10207-H01H ヒト ECE-2 タンパク質 (Fc Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
13550-H08B ヒト ADAMTSL1 / PUNCTIN タンパク質 (His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質

プロテアーゼの背景知識

プロテアーゼは新しく合成された細胞質ペプチドから開始メチオニンを除去し、シグナルペプチドを除去し、標的シグナルペプチドを除去するなどの、ペプチド結合を加水分解する非可逆的プロセスを行う。触媒作用のメカニズムに基づいて、プロテアーゼは哺乳動物においてメタロプロテアーゼ、セリン、システイン、トレオニンおよびアスパラギン酸プロテアーゼという5種類に分類される。アスパラギン酸プロテアーゼおよびメタロプロテアーゼの場合、活性水分子は基質を攻撃する求核剤として使用される。残りの3つの種類について、それらは求核試薬としてアミノ酸残基(Cys、SerまたはThr)を使用する。分解性グループデータベースでは、569個のヒトプロテアーゼのうちで、メタロプロテアーゼおよびセリンプロテアーゼは、上位2個のプロテアーゼファミリーである。通常、プロテアーゼは、触媒ドメインおよび非触媒ドメインを含む複数のドメインを含む。非触媒ドメインは、細胞局在を誘導するドメイン、自己阻害性プロドメインおよび特異的基質を認識するためのドメインを含む。極めて少数の場合において、プロテアーゼは、ペプチド結合加水分解の原因となる2つ以上のドメインを有する。研究によって、プロテアーゼが増殖、生存、血管形成および浸潤を含む腫瘍進行の全段階において機能することを示している。プロテアーゼは、複数の生物学的過程を制御する重要な役割のために、遺伝子発現レベルの調節、内在性阻害剤およびチモーゲンのオン/オフなどのいくつかのメカニズムによって高度に調節される。