免疫沈降/IPのプロトコール

免疫沈降 / IPの 一般的な手順は抗体が固相(磁気ビーズ、アガロースなど)にコンジュゲートされている場合、抗体を特殊タンパク質に結合させることです。

標的抗原は、通常、細胞溶解液のような複合溶液から免疫沈降される。その目的は特定のタンパク質(すなわち、特異的抗体の抗原)を単離し、最終的に検出および測定することである。IPを実行するための基本的なプロトコルは以下に示されています。ここでは、ステップの順序は2つの異なる方法で行うことができます。

1つの配列において、特定のタンパク質に対する抗体(モノクローナルまたはポリクローナル)をアガロースまたは磁気ビーズなどの不溶性支持体上に予め固定し、次いで標的タンパク質を含む細胞溶解液と共にインキュベートします。インキュベーション期間中、標的抗原を固定化された抗体に結合させるように溶解液を軽く攪拌してください。次いで、固定化された免疫複合体を溶解液から回収し、支持体から溶出させ、標的抗原の性質に基づいて分析します。

あるいは(右)、遊離の非結合抗体を溶解液中に免疫複合体を形成させ、次いで複合体をビーズによって回収する。予め固定化された抗体のアプローチはIPでより一般的に用いられるが、標的タンパク質が低濃度で存在するか、抗体が抗原に対して弱い結合親和性を有するか、または抗体が抗原に対する結合動態が遅い場合は遊離抗体で免疫複合体を形成させることは有益である。

RNA免疫沈降 共免疫沈降 クロマチン免疫沈降