免疫沈降/IP-陽性細胞ライセート

免疫沈降は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

A431細胞は、生物医学研究に用いられるモデル細胞株(類表皮癌)である。より具体的には、上皮成長因子受容体(EGFR)を異常に高いレベルで発現するため、細胞周期および癌関連細胞シグナル経路の研究に使用される。したがって、EGFR発現の陽性対照としてよく使用される。それらは強力な腫瘍抑制遺伝子である機能的p53を含まないので、分裂促進刺激に対して非常に感受性が高い。A431細胞株は、85歳の女性患者の皮膚/表皮の表皮癌から作られた。

Daudiは、16歳の男性患者のバーキットリンパ腫から樹立されたヒトBリンパ芽球様細胞株である。細胞はIgG-Fc断片の受容体とその表面上の補体受容体を発現し、表面マーカーとしてのHLA抗原を発現しない。

THP1は、急性単球性白血病患者から単離されたヒト単球細胞株である。通常、これは、タンパク質 - タンパク質相互作用の免疫細胞化学的分析および免疫組織化学において白血病細胞株を試験するために使用される。

Caco-2細胞系は、Jorgen Fogh博士による研究を通じてSloan-Ketteringがん研究所によって開発された異種のヒト上皮性結腸直腸腺癌細胞の不死細胞である。

PC3 (PC-3) ヒト前立腺癌細胞株は、前立腺癌研究に用いられる細胞株の1つである。これらの細胞は、進行した前立腺癌細胞における生化学的変化を調べ、化学療法剤に対するそれらの応答を評価するのに有用である。

RajiRaji細胞株は、造血起源の最初の連続ヒト細胞株である。この細胞株はある異常なEpstein-Barrウイルス株を産生し、臍帯血リンパ球を形質転換し、Raji細胞の早期抗原を誘導する。 

HL-60細胞株は、国立がん研究所で急性前骨髄球性白血病を有する36歳の女性に由来する。HL-60細胞は、好中球性前骨髄球(前駆細胞)であり、これはある種の血液細胞がどのように形成したかに関する実験的研究に用いられている。HL-60の倍加時間は約36〜48時間であり、栄養および抗生物質の懸濁液培養において連続的に増殖する。

NIH 3T3細胞は、1962年にニューヨーク大学医学部の病理学科のジョージ・トダロ(George Todaro)とハワード・グリーン(Howard Green)の2人の科学者によって確立された細胞株に由来する。彼らはもともとスイスアルビノマウス胚組織から3T3細胞を得た。3T3細胞株は標準的な線維芽細胞株となった。これは、細胞の移入および接種プロトコールを意味し、つまり「3日間移入、3×10^5の細胞を接種する」である。このプロトコルを使用して、不死化細胞株は約20〜30世代のin vitro増殖後に細胞培養物において増殖し、安定化し始める。

A549細胞株は、58歳の白人男性の外植腫瘍における癌性肺組織の除去および培養を介して1972年にD.J Giardらにより初めて開発された。この細胞は、66の染色体数を有する腺癌の肺胞底上皮細胞を産生する。このタイプの細胞は扁平であり、水、電解質および他の物質を正常な肺の肺胞表面に拡散させる役割を果たす。

K562細胞株は、急性転化の 53歳の女性CML患者由来の最初のヒト不死化骨髄性白血病株である。K562細胞は、非付着性かつ丸みを帯びた赤白血病型のものであり、bcr:abl融合遺伝子に対して陽性であり、未分化顆粒球および赤血球といくつかのプロテオミクス類似点を有する。

RAW264.7細胞は、Balb/cマウス由来のマクロファージ様細胞株である。それらは、NO産生、食作用(ビーズ、他)、TLRアゴニストに対する極度の感受性および運動性を含むマクロファージの多くの特性を維持する。遺伝子変異に敏感であるので、フリーザー株は早期passage number cellsから作られなければならない。

SH-SY5Yは科学研究に用いられるヒト由来の細胞株である。神経芽細胞腫を有する4歳の女性患者の髄生検からSK-N-SHと呼ばれる元の細胞系を単離し、それをサブクローニングしたものである。SH-SY5Y細胞はニューロンの機能および分化のインビトロ研究モデルとしてよく使用される。それらは表現型においてアドレナリン作動性であるが、ドーパミン作動性マーカーも発現するため、パーキンソン病の研究にも使用されている。

Jurkat細胞は、急性T細胞白血病、T細胞シグナル伝達、およびウイルス(特にHIV)の侵入を受けやすい様々なケモカイン受容体の発現を研究するために使用されるTリンパ球細胞の不死化細胞株である。Jurkat細胞は、インターロイキン2を分泌する能力があるため、科学においても有用である。しかし、Jurkat細胞の主な用途は、癌の薬剤と放射線に対する差別的な感受性の機序を決定することである。Jurkat細胞株(最初はJMと呼ばれる)は、1970年代後半にT細胞白血病を有する14歳の男性の末梢血から作られた。Jurkat細胞株の異なる誘導体は、特定の遺伝子が欠損するように変異した細胞の培養バンクから得ることができる。

HepG2は、分化した肝細胞癌を有する15歳の白人男性の肝組織から単離したヒト肝癌細胞に由来する不死細胞株である。肝細胞癌は、世界で5番目の一般的な癌である。HepG2細胞の形態は上皮細胞であり、55の染色体対を有する。HepG2細胞は、大規模に首尾よく培養することができ、トランスファータンパク質、フィブリノーゲン、プラスミノーゲンおよびアルブミンなどの多くの血漿タンパク質を分泌することができる。HepG2細胞はまた、ヒト成長ホルモンで刺激することができ、単層細胞および小さな凝集体として増殖する接着性の上皮様細胞であり、免疫不全のマウスでは腫瘍化をもたらさない。HepG2細胞は、通常、肝臓癌関連タンパク質を産生するために使用される。細胞にプラスミドをトランスフェクトした後、数日培養してからタンパク質の精製ができる。

MCF-7細胞は、1970年に、69歳の白人女性の乳房組織から最初に単離された。彼女が受け取った2つの乳房切除術のうち、最初に切除された組織が良性であった。5年後、2回目の手術で胸水に悪性腺癌が発見され、その中からF-7細胞を採取した。この女性は放射線療法とホルモン療法で乳癌治療を受けた。MCF7はヒト胸腺癌細胞株であり、エストロゲン受容体に関する萌芽的研究に用いられている。MCF-7乳癌の異種移植マウスモデルは、癌進行(MCF7異種移植モデル)をモニターするための研究に使用される。MCF7細胞をそれらが集密的になるまで正常に培養し、その後マウスの乳房脂肪パッドに外科的に移植する。腫瘍の大きさは、疾患が進行するにつれて評価することができる。

HeLa細胞/hiːlɑː/、Helaまたはhela細胞とも呼ばれ、科学的研究に使用される不死細胞株の細胞型であり、最も古くて最も一般的に使用されるヒト細胞株である。この株は、1951年10月4日に子宮頸がんで死亡した患者のHenrietta Lacksの1951年2月8日の子宮頸癌細胞に由来する。この細胞株は、著しく耐久性があり、多産であることが判明した。これは、研究に使用される他の多くの細胞株の汚染をもたらした。

その他の陽性細胞ライセート
molt-4 細胞ライセート 
SW480 細胞ライセート 
293T 細胞ライセート