免疫沈降/IP-MCF-7細胞ライセート

免疫沈降は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

MCF-7 細胞株

MCF-7細胞は、1970年に、69歳の白人女性の乳房組織から最初に単離された。彼女が受け取った2つの乳房切除術のうち、最初に切除された組織が良性であった。5年後、2回目の手術で胸水に悪性腺癌が発見され、その中からF-7細胞を採取した。この女性は放射線療法とホルモン療法で乳癌治療を受けた。MCF7はヒト胸腺癌細胞株であり、エストロゲン受容体に関する萌芽的研究に用いられている。MCF-7乳癌の異種移植マウスモデルは、癌進行(MCF7異種移植モデル)をモニターするための研究に使用される。MCF7細胞をそれらが集密的になるまで正常に培養し、その後マウスの乳房脂肪パッドに外科的に移植する。腫瘍の大きさは、疾患が進行するにつれて評価することができる。

MCF-7の用途:

MCF-7細胞は、細胞株が乳房上皮細胞に特有のいくつかの理想的な特徴を有するため、体外乳癌研究に有用である。これには、MCF-7細胞がエストラジオールの形態で細胞質内のエストロゲン受容体を介してエストロゲンを処理する能力が含まれる。これにより、MCF-7細胞株はエストロゲン受容体(ER)陽性対照細胞株となる。