免疫沈降/IP-Jurkat細胞ライセート

免疫沈降は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

Jurkat細胞は、急性T細胞白血病、T細胞シグナル伝達、およびウイルス(特にHIV)の侵入を受けやすい様々なケモカイン受容体の発現を研究するために使用されるTリンパ球細胞の不死化細胞株である。Jurkat細胞は、インターロイキン2を分泌する能力があるため、科学においても有用である。
しかし、Jurkat細胞の主な用途は、癌の薬剤と放射線に対する差別的な感受性の機序を決定することである。Jurkat細胞株(最初はJMと呼ばれる)は、1970年代後半にT細胞白血病を有する14歳の男性の末梢血から作られた。Jurkat細胞株の異なる誘導体は、特定の遺伝子が欠損するように変異した細胞の培養バンクから得ることができる。

Jurkat J6細胞は、実験結果に影響を及ぼし、実験技術者に感染する可能性のある異種指向性マウス白血病ウイルス(X-MLV)を産生することが判明している。この感染はまた、表現型の混合および/または組換えによってウイルスの病原性および向性を変化させる可能性がある。