免疫沈降/IP-Daudi細胞ライセート

問題と解決案

1.ウエスタンブロットでIP精製タンパク質を使用する場合、余分なバンドが2つあります。タンパク質を溶出する時に抗体が溶出されたということですか? どのようにこれを避けることができますか?

より少ない抗体汚染(より清潔なタンパク質調製およびより清潔なウェスタンブロットのために)を伴う標的タンパク質の溶出を可能にするために、抗体をビーズに架橋することを推奨します。次いで、ポリペプチド溶液のような温和な溶出液で標的タンパク質を溶出してください。

2.目的のタンパク質はIgG重鎖の近くで移動しますが、IgGシグナルの干渉を受けずに免疫沈降したタンパク質をどのように検出できますか?

天然抗体にちょうど結合する二次抗体で免疫沈降したサンプルでウエスタンブロットを行う際に、IgGシグナルの干渉を排除してください。
さらに、標的タンパク質がタグによってタグ付けされている場合、Sino Biologicalの標識抗体免疫磁気ビーズは重鎖および軽鎖への干渉がはるかに少ないので、お勧めします。