免疫沈降/IP-Caco-2 細胞ライセート

免疫沈降 は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

Caco-2細胞系は、Jorgen Fogh博士による研究を通じてSloan-Ketteringがん研究所によって開発された異種のヒト上皮性結腸直腸腺癌細胞の不死細胞である。

細胞は結腸(大腸)癌腫から単離されているが、特定の条件下で培養される際、分化および分極する。それらの表現型は、形態学的および機能的に、小腸内の腸細胞に似ている。

Caco-2細胞株は、緊密な結合タンパク質、微絨毛、そしてペプチダーゼ、エステラーゼ、P-糖タンパク質、アミノ酸の取り込みトランスポーター、胆汁酸カルボン酸など、そのような腸細胞特有の多数の酵素およびトランスポーターを発現する。Caco-2細胞は最も普及しているインビトロモデルであることが証明されている。尖端表面およびtight junctions上によく分化した刷子縁を示し、典型的な小腸微絨毛加水分解酵素および栄養トランスポーターを発現する。

(1)潜在的な薬物候補の細胞透過性を迅速に評価するため。
(2)薬物輸送の経路(例えば、受動およびベクター媒介性輸送)を解明するため。
(3)膜透過性を高めるために設計された製剤戦略を評価するため。
(4)薬物の受動拡散のための最適な物理化学的特性を決定するため。
(5)この生物学的障壁に対する薬物候補または製剤成分の潜在的な毒性効果を評価するため。