免疫沈降/IP-A549細胞ライセート

免疫沈降 は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

A549細胞株

A549細胞株は、58歳の白人男性の外植腫瘍における癌性肺組織の除去および培養を介して1972年にD.J Giardらにより初めて開発された。この細胞は、66の染色体数を有する腺癌の肺胞底上皮細胞を産生する。このタイプの細胞は扁平であり、水、電解質および他の物質を正常な肺の肺胞表面に拡散させる役割を果たす。

これは、モード染色体数が66である低倍数体ヒト細胞株であり、24%の細胞で発生する。64(22%)、65および67のモード染色体数を有するのは比較的一般的である。より高い倍数性を有する率は0.4%と低かった。