免疫沈降/IP-293T細胞ライセート

免疫沈降 は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

293T細胞

生物種 ヒト これらの細胞はヒト胎児腎細胞(HEK)から単離されている。 293T細胞は、大きなT抗原で形質転換される。
組織 腎臓  
表現型 Either  
Primary なし  
アプリケーション 細胞培養 / 成長条件、タンパク質発現、RNAi、安定細胞トランスフェクション、トランスフェクション:遺伝子発現、トランスフェクション:遺伝子サイレンシング、一過性トランスフェクション