インターロイキンタンパク質

おすすめのインターロイキンタンパク質(一部分)

品番 製品名 純度 内毒素
10021-H08H Human IL12A / NKSF1 Protein (His Tag) > 92 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10369-H01H Human IL13 / ALRH Protein (Fc Tag) > 98 % SDS-PAGEによって測定された <1.0 EU/μg タンパク質
10128-HNCH Human IL-1 alpha / IL1A / IL1F1 Protein > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
CT012-H08H Human IL-23 (IL23A & IL12B Heterodimer) Protein > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11858-H08B Human IL-3 / Interleukin-3 Protein (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
14890-H08H Human LIF Protein (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50206-M08H Mouse IL18BP Protein (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11844-H08B Human IL-9 / Interleukin-9 Protein (His Tag) > 97 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10357-H03H Human IL18BPa Protein (His & Fc Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質

インターロイキンの背景知識

インターロイキン はサイトカインの一種で、最初は白血球によって発現されると見なされた。用語「インターロイキン」は白血球によって産生される多数の分泌分子を表し、これらの分子は白血球の間のメディエーターとして特異的に作用する様々なポリペプチドである。インターロイキン(IL)とは細胞増殖や成熟や遊走や接着などの複雑な免疫調節の性能を持つサイトカイングループの一つである。また、これらのサイトカイン分子は免疫細胞の分化と活性化においても重要な役割を果たしている。特定のサイトカインの正確な機能はそれを産生する細胞の種類や応答する細胞の種類や免疫応答の段階などによって決定される。また、インターロイキンは炎症促進作用と抗炎症作用があり、これでインターロイキンの特性はさらに複雑になった。宿主の免疫系と感染した生物の間で継続的な競争が存在するため、これらの分子は常に一定の圧力の下で進化している。従って、インターロイキンは大きな進化を遂げている。その結果、オーソロガス蛋白質の間のアミノ酸保存ほとんどなく、遺伝子ファミリーの構成はさらに複雑になった。