間接ELISAの利点

間接ELISAはまた、抗原の固相への付着に関与するが、この場合、一次抗体は標識されない。次いで、一次抗体に対する酵素結合二次抗体を添加する。このフォーマットは、血清中の特異的な抗体を検出するために最も頻繁に使用されいる。

他の免疫測定法と比較して、ELISAは多くの利点がある。より正確で、高感度、高特異的で、体内の物質を検出するために使用される他の方法(ラジオイムノアッセイ(RIA)試験など)と比較して優れていると考えられている。また、放射性同位体(放射性物質)または高価な放射線測定器(放射線計数装置)を必要としないという追加の利点を有する。

高感度

  • 各抗原分子は少なくとも1つの標識抗体と結合する。

フレキシブル

  • 異なる一次検出抗体は単一標識の二次抗体と共に使用できる。

コスト低減

  • 必要とされる標識抗体はもっと少ない。