薬剤開発における免疫組織化学/ IHC

免疫組織化学的染色および組織形態計測定量は、医薬品の研究開発において広く使用されているます。免疫組織化学的染色に基づくデジタル画像解析およびWhole Slide Imaging(以下 WSIとする)は、非常に正確で客観的な評価を提供できます。画像解析は、薬物有効性および安全性研究、薬物再配置、患者層別化、標的検証およびバイオマーカー発現研究を含む薬剤開発の様々な面に適用することができます。

薬剤応答性:
薬効および安全性研究では、細胞形態計測(例えば、形状、サイズ、粒度など)および抗原染色(面積、強度)を高度な画像ソフトウェア分析によって正確に定量化することができます。これは、前臨床および臨床試験において、薬剤応答性と用量および/または放射線療法の時の曝露時間
との比較を可能にします。