免疫組織化学/ IHC技術センター

免疫組織化学(IHC)は抗体を利用し、組織切片(例えば、肝臓、膵臓または心臓)内の細胞内のタンパク質(抗原)を検出する過程です。
実験室で組織サンプルの病気検査を行うとき、いくつかのところが容易に判断できません。いくつかの疾患または疾患のサブタイプは、顕微鏡の下で同じように見えるか、または類似したサイズの細胞を有するように見えるかもしれないが、挙動も必要な治療法も異なります。それらを区別する最良の方法は、マーカーとしてのこれらの細胞上の特定の分子を検出することです。
免疫組織化学(IHC)は分子とマッチした抗体を利用し、細胞上のマーカーを見つけ、識別し、そしてそれに付着することが可能な技術です。抗体自体は顕微鏡で見ることができるため、技術者が正確な識別をするのに役立ちます。免疫組織化学(IHC)は医学、特にがん診断において多くの用途があることが発見されました。リンパ腫はIHCに最も依存する癌の1つで、IHCにより正しい診断および治療の決定を行います。