免疫組織化学/ IHC紹介

免疫組織化学(IHC)は、抗原 - 抗体相互作用に基づき、ホルマリンで固定されたパラフィン包埋(FFPE)組織におけるバイオマーカーの発現を測定するために使用される方法です。免疫組織化学には特異的な抗原抗体反応が関与しているため、限られた数のタンパク質、酵素、組織構造のみを同定する、従来使用されていた特殊な酵素染色技術に比べて明らかな利点があります。 したがって、この技術は皮膚科学的診断および研究に広く使用されております。また、使いやすさ、信頼性および汎用性のため、その適用範囲が拡大し続けています。