非特異的な染色はどのように避けますか?

非特異的染色は、一次抗体または二次抗体と組織の分子との間のイオン相互作用によって引き起こされ、高いバックグラウンドをもたらし得、したがって組織上の標的タンパク質発現の位置が観察されなくなります。 過酸化物によって内在性ペルオキシダーゼを不活性化し、血清によって組織をブロックして非特異的染色を減少させます。