一次抗体のインキュベーション時間

一次抗体の濃度、インキュベーション時間および温度はすべて、免疫組織化学染色の品質に影響を与えます。高い特異性、低いバックグラウンドの免疫組織化学的染色を達成するために、これらの変数は異なる抗体に対して最適化する必要があります。最適化プロセスは 一般に、一定のインキュベーション時間と温度を維持しながら、抗体の濃度を変化させます。例えば、高親和性抗体を使用する場合、比較的高濃度の抗体を使用し、インキュベーション時間を短くするか、または比較的低濃度の抗体を使用して、インキュベーション時間を長くすることができます。高度に特異的な染色を得るために、通常、長いインキュベーション時間と低いインキュベーション温度を選択します。