免疫組織化学 / IHC 抗体-扁桃腺組織

免疫組織化学は免疫組織化学技術(免疫組織化学)または免疫細胞化学技術(免疫細胞化学)と呼ばれ、その基本原理は抗原抗体特別結合原理と呼ばれる免疫学 - 抗原 - 抗体反応です。標識された抗体試薬(ルシフェラーゼ、酵素、金属イオン、同位体)の化学反応によって、組織内の抗原(ペプチドおよびタンパク質)の位置、定性的および定量的研究を確認します。顕微鏡(蛍光顕微鏡、電子顕微鏡を含む)による画像化および増幅によって免疫応答の特異性を組織化学の可視性と組み合わせ、タンパク質、ポリペプチド、酵素、ホルモン、病原体、受容体などの細胞内レベルで細胞内の様々な抗原を検出します。近年、免疫組織化学的技術は急速に発展しています。それは1950年代の免疫蛍光法に限られていましたが、1950年代以降は徐々に発展し、高感度でより実用的な免疫酵素技術の確立を目指しています。

扁桃腺は軟部組織の塊であり、免疫系の一部です。扁桃腺は、咽喉の後部に位置する一対の軟部組織であり、摂取し、吸入した汚染物質をすべて防御する第1のステーションと言えます。扁桃腺は、呼吸器および胃腸感染から身体を保護する役割を果たします。 扁桃腺は腫れたり炎症を起こしたりすることがあります。気道を閉塞したり、嚥下障害を起こしたり、または頻繁な再発性扁桃炎の患者の場合、外科的除去が必要となることがあります。しかしながら感染に罹患しやすくなるわけではないようです。扁桃腺がんは、扁桃腺細胞で始まるがんの一種です。扁桃腺がんは、しばしば嚥下が困難になり、何かが喉につかまれているという感覚があります。扁桃腺がんは、通常、舌やリンパ節などの近くの地域に転移した末期に診断されます。扁桃腺がんの第1症状は、非対称性の扁桃であり、一つの扁桃腺はもう一つの扁桃腺より大きいです。もう一つの症状は、持続的な痛みです。早期扁桃腺がんはしばしば放射線療法で治療しますが、誘導化学療法も扁桃腫瘍を減少させるために使用できます。進行癌では、通常、手術、放射線療法および化学療法の組み合わせが必要です。扁桃腺組織に発現する様々な標的分子が扁桃疾患の臨床診断に使用され、扁桃腺組織は免疫組織化学的検出に一般的に使用されます。IHCは、扁桃病を検出するために広く使用される重要な手段です。

Di下記の内容は異なる種の扁桃腺切片です。