免疫組織化学/ IHC抗体 - ウサギモノクローナル抗体

背景知識

免疫組織化学は、標識抗体を特異的試薬として、抗原抗体相互作用により組織切片中の抗原またはタンパク質を局在化することです。免疫組織化学抗体は、癌性腫瘍に発見された細胞のような異常細胞の診断に広く用いられています。また、バイオマーカーおよび差次的発現するタンパク質が生物学的組織の異なる部分における分布および局在を理解するための基礎研究において広く使用されています。
ウサギモノクローナル抗体は、1つのタイプの免疫細胞によって産生され、すべてはsingle parent cellのクローンです。同じエピトープに結合するため、モノクローナル抗体は単一の親和性を有します。現在のところ、ウサギモノクローナル抗体技術は非常に重要で、病気の予防に使用できるだけでなく、血液中の薬物、ウイルスと細菌産物、および他の異常なまたは異常な物質の存在を検出するのにも役立ち、生化学、分子生物学および医学に欠かせないツールとなっています。私たちは非伝統的な方法でウサギモノクローナルを調製します。