免疫組織化学 / IHC 抗体-肺組織

免疫組織化学は免疫組織化学技術(免疫組織化学)または免疫細胞化学技術(免疫細胞化学)と呼ばれ、その基本原理は抗原抗体特別結合原理と呼ばれる免疫学 - 抗原 - 抗体反応です。標識された抗体試薬(ルシフェラーゼ、酵素、金属イオン、同位体)の化学反応によって、組織内の抗原(ペプチドおよびタンパク質)の位置、定性的および定量的研究を確認します。顕微鏡(蛍光顕微鏡、電子顕微鏡を含む)による画像化および増幅によって免疫応答の特異性を組織化学の可視性と組み合わせ、タンパク質、ポリペプチド、酵素、ホルモン、病原体、受容体などの細胞内レベルで細胞内の様々な抗原を検出します。近年、免疫組織化学的技術は急速に発展しています。それは1950年代の免疫蛍光法に限られていましたが、1950年代以降は徐々に発展し、高感度でより実用的な免疫酵素技術の確立を目指しています。

肺は、胸の両側に位置し、空気で満たされた一対の海綿状器官であり、その機能は大気から酸素を抽出して血流に移動させ、そして二酸化炭素を血流から大気中に放出することで、つまり呼吸器系におけるガス交換です。肺疾患は、世界で最も一般的な病状の一部です。喫煙、感染症、遺伝的な素因はほとんどの肺疾患の原因です。肺癌は治療と理解が複雑な疾患です。多くの人が知らないのは、肺癌による死亡人数は結腸がん、乳房がん、前立腺がんという3つの最も一般的な癌よりも多いです。肺癌には、小細胞肺癌(SCLC)と非小細胞肺癌(NSCLC)の2種類があり、非小細胞肺癌がより一般的であり、肺癌症例の約80%を占めます。小細胞肺癌と比較して、非小細胞肺癌は通常成長し、体の他の部分にゆっくりと広がります。非小細胞肺癌には、腺癌、扁平上皮癌、および大細胞肺癌の3種類があります。この3種類はそれぞれ異なりますが、同様に扱われるためグループ化されています。小細胞肺癌には、小細胞肺癌(燕麦細胞癌)と混合型小細胞肺癌との2種類があります。小細胞肺癌のタイプは、癌で見出される細胞の種類、および顕微鏡下での細胞の見た目に由来します。肺癌については多くの異なる抗原が記載され、研究されていますが、血液の中で最も一般的に使用されるマーカーは神経細胞特異的酵素(NSE)、癌胎児性抗原(CEA)、サイトケラチン19フラグメント(CYFRA 21-1)、扁平上皮癌抗原(SCC)、癌抗原CA125(CA125)と組織ポリペプチド抗原(TPA)です。

下記の内容は異なる生物種の肺切片です。