肺癌用IHC抗体

免疫組織化学的技術は、抗原抗体反応という免疫学の基本原理に基づく方法論です。それは生物学分野の基礎的および臨床的な医学研究において重要な役割を果たし、特に腫瘍疾患の診断、鑑別診断および病理発生研究において、強力なツールを提供します。新技術の発展に伴い、何百種類もの抗体が臨床研究のさまざまな分野で使用され、これらの抗体の大部分は、難病の診断において重要な補助的役割を果たします。それは患者の予後および治療の指針にとって重要な意味を有します。

免疫組織化学の最も重要な用途は、肺癌の診断における原発性肺腫瘍と二次性腫瘍の作用を区別することがです。 それは肺癌を他の癌(結腸癌、乳房癌、前立腺癌、膵臓癌、胃癌、腎臓癌、膀胱癌、卵巣癌、子宮癌など)と区別することができます。 免疫組織化学はまた、小細胞癌および非小細胞癌を区別するのに役立ちます。界面活性タンパク質、TTF-1、およびnapsin Aなどの多くの肺特異的マーカーが存在します。

肺癌切片は以下の通りです。

FABP4: 12109-R001

ウサギモノクローナル抗体を用いたヒト肺癌におけるヒトFABP4の免疫化学的染色(0.5μg/ mL、ホルマリン固定パラフィン包埋切片)。
PDRG1: 14143-T24

ウサギポリクローナル抗体を用いたヒト肺癌におけるヒトPDRG1の免疫化学的染色(0.1μg/ mL、ホルマリン固定パラフィン包埋切片)。
TNFAIP8: 14559-T60

ウサギポリクローナル抗体を用いたヒト肺癌におけるヒトTNFAIP8の免疫化学的染色(0.5μg/ mL、ホルマリン固定パラフィン包埋切片)。