免疫組織化学 / IHC 抗体-腎臓組織

免疫組織化学は免疫組織化学技術(免疫組織化学)または免疫細胞化学技術(免疫細胞化学)と呼ばれ、その基本原理は抗原抗体特別結合原理と呼ばれる免疫学 - 抗原 - 抗体反応です。標識された抗体試薬(ルシフェラーゼ、酵素、金属イオン、同位体)の化学反応によって、組織内の抗原(ペプチドおよびタンパク質)の位置、定性的および定量的研究を確認します。顕微鏡(蛍光顕微鏡、電子顕微鏡を含む)による画像化および増幅によって免疫応答の特異性を組織化学の可視性と組み合わせ、タンパク質、ポリペプチド、酵素、ホルモン、病原体、受容体などの細胞内レベルで細胞内の様々な抗原を検出します。近年、免疫組織化学的技術は急速に発展しています。それは1950年代の免疫蛍光法に限られていましたが、1950年代以降は徐々に発展し、高感度でより実用的な免疫酵素技術の確立を目指しています。

腎臓は腰の上方の背骨の左右1つずつ存在しています。腎臓は、血液から老廃物を取り除き、体液の量を調節する重要な機能を果たします。腎臓は泌尿器系に不可欠です。水・電解質のバランス調整、酸塩基平衡の維持、血圧の調節などの所定の機能を果たします。血液フィルターとして機能し、水溶性廃棄物を膀胱へ運びます。また、水、グルコースおよびアミノ酸の再吸収を担います。そして、カルシトリオールおよびエリスロポエチンを含むホルモンを産生します。負のフィードバックで作用する重要な酵素であるレニンも腎臓で産生されます。腎臓癌は、腎細胞が悪性(癌性)になり、制御不能になり、腫瘍を形成する疾患です。これは、男性と女性の中で10種類の最も一般的な癌の一つです。腎臓癌にはさまざまな種類があり、約90%は腎腺癌とも呼ばれることがある腎細胞癌(RCC)です。腎細胞癌は尿管と呼ばれる腎臓皮質の非常に小さなチューブに覆われている細胞から発生します。様々な種類の腎細胞癌があります。最も一般的なタイプは腎明細胞癌です。あまり一般的でないタイプは、乳頭状、嫌色素性および集合管腎臓癌です。腎臓癌のもう一つのタイプは腎臓に影響を及ぼす移行上皮癌であり、腎臓が尿管と接合する腎盂に覆われている細胞から発生します。すべての腎臓癌のうち、腎盂に発生するのは約7%、尿管に発生するのは5%です。

下記の内容は異なる生物種の腎臓切片です。