免疫組織化学/ IHC抗体 - 心臓組織

免疫組織化学は免疫組織化学技術(免疫組織化学)または免疫細胞化学技術(免疫細胞化学)と呼ばれ、その基本原理は抗原抗体特別結合原理と呼ばれる免疫学 - 抗原 - 抗体反応です。標識された抗体試薬(ルシフェラーゼ、酵素、金属イオン、同位体)の化学反応によって、組織内の抗原(ペプチドおよびタンパク質)の位置、定性的および定量的研究を確認します。顕微鏡(蛍光顕微鏡、電子顕微鏡を含む)による画像化および増幅によって免疫応答の特異性を組織化学の可視性と組み合わせ、タンパク質、ポリペプチド、酵素、ホルモン、病原体、受容体などの細胞内レベルで細胞内の様々な抗原を検出します。近年、免疫組織化学的技術は急速に発展しています。それは1950年代の免疫蛍光法に限られていましたが、1950年代以降は徐々に発展し、高感度でより実用的な免疫酵素技術の確立を目指しています。

心臓はヒトや他の動物にとって最も重要な器官です。心臓の主な機能は圧力を提供し、血液を血管を通して様々な部位に送り出し、酸素と栄養素を供給すると同時に代謝最終生成物(二酸化炭素、無機塩、尿素、尿酸など)を取り除き、細胞の正常な代謝および機能を維持することです。ヒト、哺乳動物および鳥類の心臓は、左心房、右心房、左心室、右心室を含みます。このような複雑な臓器として、心臓はいくつかの心臓血管疾患に罹り易く、一部の疾患は老化に伴ってますます一般的になりつつあります。肥満、高血圧および高コレステロールは、心疾患のリスクを高めることができます。冠動脈疾患は、虚血性心疾患またはアテローム性動脈硬化症としても知られ、心疾患の最も一般的な形態です。心筋症および最も一般的な拡張型心筋症は、心筋収縮力の低下を意味し、これは心不全の一般的な原因です。心筋炎は心臓の炎症であり、心膜炎、心筋炎、および心内膜炎などの、領域に特有のものもあれば、汎心炎のような全心臓のものもあります。心臓組織上で発現される様々な標的分子が心疾患の臨床診断に使用され、心臓組織は免疫組織化学的検出において一般的に使用されます。IHCは心疾患の検出に広く使用される重要な手段です。

下記の内容は異なる種の心臓切片です。