免疫組織化学/ IHC抗体の特徴 - 異なるバッチ間の一貫性

現在、生物学者は、基礎研究における重複性の問題を認識しています。 おそらく責任の一部は抗体にあり、これは抗体の検証に起因します。 生物医学研究の再現性はあまり高くないが、50%未満なんて信じられません。しかし、7月に「PLOS Biology」に掲載された論文によると、実際にそうです。 Amgenのチームによると、Amgenの科学者は、発表された、経路や癌遺伝子などに関する論文の90%近くは繰り返すことはできません。これは研究費を費やしただけでなく、科学的発見も大幅に遅らせました。

抗体の特性は、異なるバッチ間で一貫していなければならず、これは高品質抗体のもう一つの重要な要素です。 Sino Biological抗体の異なるバッチは、販売する前に厳格な品質管理を受けなければならず、お客様がいずれのバッチでも正しい結果を得ることができることを保証します。

動物の免疫化およびその飼育環境の違いにより、ポリクローナル抗体の様々なバッチは免疫組織化学染色において異なります。モノクローナル抗体は同じBリンパ球によって分泌されるが、細胞培養条件および抗体精製方法の違いは抗体の性質の変化をもたらし、したがってポリクローナル抗体であろうとモノクローナル抗体であろうとバッチ間の抗体の安定性は非常に重要です 。

異なるバッチ間の一貫性の例

バッチ 1 バッチ 2 バッチ 3
 

組織:脳      標的:Olig-2

バッチ 1 バッチ 2 バッチ 3