免疫組織化学/ IHC抗体の特徴

最も信頼性が高く、高品質で、費用効果がある抗体

Sino Biological Incは、世界中の生命科学研究および生物学的製品開発を加速するために、付加価値と費用対効果の高い包括的なプレミアム品質ソリューション(サービスおよび試薬)の提供を行っており、世界リーディング生物学ソリューション専門家に急速になりつつあります。弊社の顧客には、世界のトップ10の製薬企業、バイオテクノロジー企業、小規模なバイオテクノロジー企業および学術機関が含まれます。

Sino Biological抗体製品の事実

  • すべて自主開発
  • ほぼすべての抗体の免疫原は全長タンパク質
  • 先進的な第二世代ウサギモノクローナル抗体
  • 4000種以上のウサギ/マウス Mab & ウサギ Pab
  • ELISA 検出限界は8-156倍も改善
  • 大部分の純度は>95% 、一部は>99%

Sino Biological Incの免疫組織化学抗体は厳格な品質管理を受け、各抗体は、様々な組織サンプルで特異性を完全に検証されています。 Sino Biologicalは、少量のタンパク質発現を検出できる高親和性および高特異性ウサギモノクローナル抗体を効率的に開発するための独自のプラットフォームを開発し、正確で信頼できる試験結果を提供できます。

Sino Biological Incは、マウスモノクローナル抗体、ウサギモノクローナル抗体、ウサギポリクローナル抗体などの高品質抗体の開発にコミットしています。ほとんどすべての研究分野をカバーする12,000種以上の抗体製品の提供を行っています。Sino Biological Inc抗体はすべて独立して研究開発されたものであり、使用する免疫原は真核細胞で発現するタンパク質であり、その構造は天然タンパク質により近い。また、天然タンパク質に対する結合性もより良好です。

Sino Biological免疫組織化学抗体はすべて独立して研究開発されたものです。タンパク質生産から抗体の検証まで、プロセス全体に厳しい品質管理基準があります。販売されているすべての免疫組織化学抗体は、多くのスクリーニングを経て、種々の試験方法によって適格性を検証されています。
高い特異性および親和性、ならびにマウス抗原に対する応答を大きく改善できるため、ウサギモノクローナル抗体の利用は非常に望ましい。また、ウサギは、マウスにおいて特に免疫原性でない多くの抗原に対する抗体を産生することが知られています。 ウサギモノクローナル抗体はまた、マウスモノクローナル抗体と比較して、より多様なエピトープ認識および小型エピトープに対する免疫応答の改善などの他の利点も有します。 ウサギモノクローナル抗体とマウスモノクローナル抗体との親和性比較
抗原ブロッキング試験は、抗体の特異性を証明するのに非常に有効な方法です。抗体が天然抗原との結合が遊離抗原の添加によってブロックされ得る場合、抗体は非特異的結合または他の抗原への結合ではなく、抗原を特異的に認識することが示されます。
CD21: リンパ節の特異的染色
抗原ブロッキングなし 抗原ブロッキング
現在のところ、市場のほとんどの抗体は1つの染色画像しか持っていません。通常、異なる組織における抗体染色結果が異なるため、あなたが購入した抗体は必要な組織内の標的タンパク質を検出できないことがあります。私たちが提供する組織染色結果が多ければ多いほど、あなたの実験にとって信頼性が高くなります。
E-cad: 異なる組織の特異的染色
結腸癌 肝臓 皮膚
抗体の特性は、異なるバッチ間で一貫しなければならず、これは高品質抗体のもう一つの重要な要素です。お客様がいずれのバッチでも正しい結果を得ることを保証するために、販売する前にSino Biological抗体の異なるバッチは厳格な品質管理を受けなければなりません。
異なるバッチの抗体結合力は違います。
バッチ1 バッチ2
抗体の検出方法はいろいろあり、お互いに検証できます。免疫組織化学/ IHC抗体は、 IF、FAC(FC) および WBによって検証することができます。IF、FAC(FC) および WBの結果に一つの結果が正しい場合、免疫組織化学/ IHC抗体が標的に特異的であることが検証されます。 同じ抗体の複数のアプリケーション