免疫組織化学/ IHC抗体 - サイトカイン

背景知識

免疫組織化学は、標識抗体を特異的試薬として、抗原抗体相互作用により組織切片中の抗原またはタンパク質を局在化することです。免疫組織化学抗体は、癌性腫瘍に発見された細胞のような異常細胞の診断に広く用いられています。また、バイオマーカーおよび差次的発現するタンパク質が生物学的組織の異なる部分における分布および局在を理解するための基礎研究において広く使用されています。
サイトカインは免疫系の特定の細胞によって分泌されるタンパク質、ペプチドまたは糖タンパク質の大きなグループです。サイトカインは一般名で、他の名前は推定機能、分泌細胞または作用する対象に基づいて定義されます。サイトカインスーパーファミリーには、インターロイキン、ケモカイン、コロニー刺激因子(CSF)、インターフェロン、およびトランスフォーミング増殖因子(TNF)および腫瘍壊死因子(TGF)ファミリーが含まれます。