免疫組織化学 / IHC 抗体-核染色

免疫組織化学は免疫組織化学技術(免疫組織化学)または免疫細胞化学技術(免疫細胞化学)と呼ばれ、その基本原理は抗原抗体特別結合原理と呼ばれる免疫学 - 抗原 - 抗体反応です。標識された抗体試薬(ルシフェラーゼ、酵素、金属イオン、同位体)の化学反応によって、組織内の抗原(ペプチドおよびタンパク質)の位置、定性的および定量的研究を確認します。顕微鏡(蛍光顕微鏡、電子顕微鏡を含む)による画像化および増幅によって免疫応答の特異性を組織化学の可視性と組み合わせ、タンパク質、ポリペプチド、酵素、ホルモン、病原体、受容体などの細胞内レベルで細胞内の様々な抗原を検出します。近年、免疫組織化学的技術は急速に発展しています。それは1950年代の免疫蛍光法に限られていましたが、1950年代以降は徐々に発展し、高感度でより実用的な免疫酵素技術の確立を目指しています。

細胞内局在は、細胞内、例えば核内、細胞質内または細胞膜内のタンパク質の存在部位を指します。タンパク質が細胞質に局在する場合、細胞質は染色され、他の場所は染色されません。免疫組織化学は、タンパク質の細胞内局在を検出する効率的かつ正確な方法です。

核染色は以下の通りです。

SPINK4: 11669-RP02

ウサギポリクローナル抗体を用いたヒト膵臓におけるヒトSPINK4の免疫化学的染色(1μg/mL、ホルマリン固定パラフィン包埋切片)。

H2B: 11362-T56

ウサギポリクローナル抗体を用いたヒト腎臓におけるヒトH2Bの免疫化学的染色(0.05μg/mL、ホルマリン固定パラフィン包埋切片)。