免疫組織化学/ IHC抗体 - がん

背景知識

免疫組織化学は、標識抗体を特異的試薬として、抗原抗体相互作用により組織切片中の抗原またはタンパク質を局在化することです。免疫組織化学抗体は、癌性腫瘍に発見された細胞のような異常細胞の診断に広く用いられています。また、バイオマーカーおよび差次的発現するタンパク質が生物学的組織の異なる部分における分布および局在を理解するための基礎研究において広く使用されています。
癌は、異常細胞が制御なしに分裂し、他の組織に侵入することができる疾患の一種です。がん細胞は、血液やリンパ系を通じて体の他の部分に広がります。通常、細胞増殖は多くのマカニズムにより厳密に制御されていますが、これらの制御マカニズムの累積崩壊は制御されない増殖および癌形成まで、進行性の誤差蓄積をもたらします。