免疫蛍光/IF/ICCのコツ:細胞バックグラウンドを減らす

免疫蛍光の結果にバックグラウンドがある場合、まず一次抗体または二次抗体の濃度が高すぎるかどうかについて検討する必要があります。第一に、抗体の濃度を調整します。もし抗体濃度がすでに適切な作業濃度に調整されていて、免疫蛍光の結果は依然としてバックグラウンドがあるか、または高いバックグラウンドの場合、以下の方法でバックグラウンドを減らしてください。
1. リンス溶液および抗体希釈液に0.1%のTweenを添加してみてください。
2. リンス溶液および抗体希釈液に1%の NaClを添加してみてください。