免疫蛍光/IF/ICCのコツ

免疫蛍光/ IF / ICCアッセイは、抗体と抗原との組み合わせに基づく免疫学的検出法です。 免疫蛍光は、蛍光タグを有する方法であり、免疫細胞化学(ICC)または免疫蛍光(IF)分析に使用することができます。免疫細胞化学(ICC)と免疫蛍光(IF)にはいくつかの違いがあり、免疫細胞化学(ICC)は常に細胞内での染色を指し、免疫蛍光(IF)は常に組織における染色を指します。試験原理によって、免疫蛍光/ IF / ICCは直接的プロトコルおよび間接的プロトコルという2つの一般的なプロトコルがあります。
免疫蛍光サンプルの分析には、いくつかの顕微鏡デザインを使用することができます。 最も簡単なものは落射蛍光顕微鏡で、現在は共焦点顕微鏡も広く使用されています。 技術の改良により、はるかに高い分解能を有する様々な超解像顕微鏡設計も使用することができます。
免疫蛍光/IF/ICCはいくつかの制限要素があります。その中の一つは細胞の固定です。細胞膜の外側または上清中の分子は抗体によって結合することができ、これは、生細胞を染色することができます。細胞膜の分子は固定後にを染色しなければならないですが、これはタンパク質架橋および非特異的結合による偽陰性または偽陽性シグナルを引き起こす可能性があります。
抗体とそれらの抗原の間の特異性は免疫蛍光/ IF / ICCアッセイの最も重要な基礎です。蛍光色素を有する抗体は、細胞内でそれらの抗原と反応し、サンプル内の標的の分布を視覚化することができます。免疫蛍光は、培養細胞株、組織切片、または個々の細胞上で使用することができます。免疫蛍光法を用いて、タンパク質、グリカン、および小さな生物学的および非生物学的分子の分布を分析することができます。