免疫蛍光/IF/ICC 技術センター

免疫蛍光は、蛍光抗体技術としても知られており、免疫技術の初期開発のマーカーです。この技術は、免疫学、生化学および顕微鏡検査に基づきます。

免疫蛍光法は2つあります。一つは免疫蛍光抗体法で、免疫蛍光抗体は抗原の追跡に使用されます。もう一つは免疫蛍光抗原法で、免疫蛍光抗原は抗体の追跡に使用されます。 2つの方法が一般的に使用されます。この方法は、抗原抗体の反応後の蛍光顕微鏡検査の結果を決定するために使用されます。この方法はフルオレセインで抗体または抗原を標識することに使用されます。最もよく使われるフルオレセインにはFITC、RB200、TRITC と PEが含まれます。

免疫蛍光法は、蛍光標識抗体を利用して特定の標的抗原を検出するために使用する強力な技術です。免疫蛍光は、フルオロフォアに化学的に結合した単一の一次抗体を使用します。一次抗体は標的抗原を認識し、特異的エピトープに結合します。結合したフルオロフォアは、蛍光顕微鏡を介して検出することができます。この技術は非常に感度が多用途で、免疫学、細胞形態学、遺伝学、診断および組織病理の分野において多くの用途があります。

免疫蛍光法を用いて、タンパク質、グリカンおよび他の非生物学的分子の発現を分析することができる。免疫蛍光は組織と細胞における分子の検出に使用できます。落射蛍光顕微鏡は結果の読み取りには最も簡単ですが、共焦点顕微鏡も広く使用されています。

免疫蛍光とは何ですか。どんな特徴を持っていますか。良好な免疫蛍光写真はどの様子ですか。より良い免疫蛍光結果を得られるにはどうしますか。答えが望んでいるなら、Sino Biologicalのwebまでご覧ください。