良好/不良IF/ICC結果:HESc-細胞質

彼らが最も知りたいのは次のいくつかの問題です。その画像が良いですか、悪いですか。どの抗体を選択すべきですか。異なる標的タンパク質が異なる細胞の同じ場所で発現していますか? 細胞内の標的タンパク質の異なる発現はどのような外観であるべきですか? ここでは、良好な免疫蛍光結果および不良な免疫蛍光結果が示され、このように良好な免疫蛍光結果が何であるか、悪いまたはよくない免疫蛍光結果が何であるかを示しています。
いくつかの細胞の異なる位置で発現される標的タンパク質が例として挙げられます。A431、Hela、A549などいくつかの一般的な細胞が示されています。 いくつかの細胞では発現位置が異なるいくつかの結果があります。

良い結果

標的:ヒト TUBB3
よくない結果

標的:ヒト MAX