免疫蛍光/IF/ICC製品センター

Sino Biological Inc.は免疫組織化学/IHC抗体、フローサイトメトリー/FACS抗体、免疫蛍光/IF/ICC抗体、免疫沈降/IP抗体、ウエスタンブロット/WB抗体およびELISA抗体を含む様々な抗体を開発します。抗体の各アプリケーションは、厳格なスクリーニングと品質管理テストを受けています。Sino Biological Inc.は厳格な試験を受けた400種類の高品質免疫蛍光/IF/ICC抗体を開発しました。免疫蛍光/IF/ICC抗体の試験の画像はウェブサイトに掲載されているので、ユーザーは参照することができます。

Sino Biological Inc.の免疫蛍光/IF/ICC抗体は主に6つの特性があります。一つ目はほかのリーディングブランドの免疫蛍光/IF/ICC抗体よりもっと優れた親和性ト感度を有することです。Sino Biological Inc.の免疫蛍光/IF/ICC抗体は試験を受ける際、複数の細胞種類によって検証済みです。一部の免疫蛍光/IF/ICC抗体はさらに厳格な陰性対照によって検証されました。Sino Biological Inc.は免疫蛍光/IF/ICC抗体の検出のための優れた共焦点プラットフォームを有し、写真と画像が良好できれいであることを保証することが可能です。Sino Biological Inc.は抗体試験のためのほかの試験プラットフォームを有し、他のメカニズムに基づいて免疫蛍光/IF/ICC抗体を検証することができます。

免疫蛍光/IF/ICC抗体は、Sino Biological Inc.の大きな抗原ライブラリーに基づく抗原ブロッキングアッセイで検証されています。

ELISA、WB、免疫組織化学、免疫蛍光、免疫沈降/IPおよびフローサイトメトリー/ FACSなど、抗体を材料とする多くの検出技術が存在しています。一般に、異なる検出方法に使用される抗体は異なるエピトープを認識するので、すべての抗体が様々なアプリケーションに同時に適合できるわけではないことが認められています。しかしながら、異なるアプリケーションを満たすために、抗体調製のプロセスにおいては常にいくつかの方法によって検出されています。抗体検出のために実施されるアプリケーションの目的の1つは、多くの機能的アプリケーションに使用できる抗体をスクリーニングすることです。もう一つは他のアプリケーションによって抗体が正確でポジティブ な結果であるかどうか検証することです。しかし、検出条件或いは検出プラットフォームの制限のため、それは同じ抗体を検証するための様々なアプリケーションに使用することはできない。Sino Biological Inc.はELISA、WB、免疫組織化学、免疫蛍光、免疫沈降/ IP、およびフローサイトメトリー/ FACSという6つの抗体検出プラットフォームを持っています。従って、お互いに抗体を確認することが可能です。免疫蛍光/IF/ICC抗体の場合、他の5つのプラットフォームを使用して、陽性免疫蛍光/IF/ICC抗体を検証することができます。

抗体の検出方法はいろいろあり、お互いを検証できます。免疫蛍光/IF/ICC抗体は、IHC、FAC(FC)およびWBの方法によって検証することができます。IHC、FAC(FC)およびWBの結果が正しい場合、免疫蛍光/IF/ICC抗体は標的に特異的であることは検証済みです。

抗体の種類により