間接IFと直接IFはどちらが優れていますか。

免疫蛍光 / IF / ICCは、生物学のほとんどすべての分野で広く使用されている一般的な実験技術です。間接免疫蛍光法および直接免疫蛍光法という、免疫蛍光/ IF / ICCの原理が異なる2つの主な方法があります。間接免疫蛍光法では、標識抗体は二次抗体であり、標的分子に特異的な一次抗体は標識されていません。直接免疫蛍光法では、標的分子に特異的な一次抗体は標識されています。間接免疫蛍光法および直接免疫蛍光法は利点と欠点があります。直接免疫蛍光法と比べ、間接免疫蛍光法のほうがよく使用されます。
間接免疫蛍光法の利点は高感度で、変化する二次抗体に基づいてシグナルの色を変えることが容易です。これは商業化できます。標識二次抗体は容易に獲得できます。
間接免疫蛍光法の欠点は交差反応する可能性があり、特に複数のタグを有する実験の場合、標識一次抗体が獲得しにくいということです。一方、標的分子は内在性の免疫グロブリンで検出する場合、高いバックグラウンドが避けられません。
直接免疫蛍光法はいくつかの利点があります。直接免疫蛍光法のプロセス時間は間接免疫蛍光法より短いです。同種の複数の抗体がある場合は直接免疫蛍光法を行う必要があります。直接免疫蛍光法もいくつかの欠点があります。一つ目は間接免疫蛍光法より低いシグナルです。2つ目は、市販の標識直接コンジュゲートが利用できない場合、標識手順の難しさおよび柔軟性が低いため、直接的免疫蛍光が間接免疫蛍光より価格が高いです。