免疫蛍光/IF/ICC抗体 - 幹細胞

背景知識

免疫蛍光法は、蛍光標識抗体を利用して特定の標的抗原を検出するために使用する強力な技術です。免疫蛍光は、フルオロフォアに化学的に結合した単一の一次抗体を使用します。一次抗体は標的抗原を認識し、特異的エピトープに結合します。結合したフルオロフォアは、蛍光顕微鏡を介して検出することができます。この技術は非常に感度が多用途で、免疫学、細胞形態学、遺伝学、診断および組織病理の分野において多くの用途があります。
幹細胞は、自身を更新し、多くの種類の細胞に分化する能力という2つの特性を持っています。幹細胞関連抗体は、幹細胞の研究における重要な手段である。幹細胞関連抗体は、幹細胞分離、幹細胞精製、および幹細胞マーカーの同定に使用される効果的かつ迅速な方法です。幹細胞の特定な条件で幹細胞関連の異なる成長因子、ケモカインおよびサイトカイの使用により、特定の細胞分化を誘導することが可能です。