免疫蛍光/IF/ICC抗体 - その他の種

背景知識

免疫蛍光法は、蛍光標識抗体を利用して特定の標的抗原を検出するために使用する強力な技術です。免疫蛍光は、フルオロフォアに化学的に結合した単一の一次抗体を使用します。一次抗体は標的抗原を認識し、特異的エピトープに結合します。結合したフルオロフォアは、蛍光顕微鏡を介して検出することができます。この技術は非常に感度が多用途で、免疫学、細胞形態学、遺伝学、診断および組織病理の分野において多くの用途があります。
生物学の研究分野は、ヒト、マウス、ラットを除き、様々な種類の動物まで拡大しています。これらの他の種類の動物には、イヌ、ネコ、サル、ブタおよびウマなどが含まれます。当社はまた、さまざまなニーズを満たすために、様々な研究分野で異なる種の重要なタンパク質標的に対する抗体を開発しました。