免疫蛍光/IF/ICC抗体の特徴:厳格な陰性対照

Sino Biological Inc.は免疫組織化学/ IHC抗体、フローサイトメトリー/ FACS抗体、免疫蛍光/ IF / ICC抗体、免疫沈降/ IP抗体、ウエスタンブロット/ WB抗体およびELISA抗体を含む様々な抗体の開発にコミットしています。抗体の各アプリケーションはいずれも厳格なスクリーニングと品質管理テストを受けました。 Sino Biological Inc.はすでに、厳密に試験された400種類の高品質免疫蛍光/ IF / ICC抗体を開発しました。免疫蛍光/ IF / ICC 抗体の試験画像は、ユーザーの参照のためにウェブサイトに掲載されています。

Sino Biological Inc.の免疫蛍光/ IF / ICC抗体は主に6つの特徴があります。 1つ目は、他の主要ブランドの免疫蛍光/ IF / ICC抗体よりも優れた親和性と感度を持つことです。Sino Biological Inc.の免疫蛍光/ IF / ICC抗体は、複数の細胞型によって検証されています。 いくつかの免疫蛍光/ IF / ICC抗体は、厳格な陰性対照によってさらに検証されています。Sino Biological Inc.は、写真と画像がきれいで明瞭であることを保証する免疫蛍光/ IF / ICC抗体の検出のための良好な共焦点プラットフォームを有します。また、 Sino Biological社は他のメカニズムに基づいて免疫蛍光/ IF / ICC抗体を確認できる抗体検査用の他のテストプラットフォームも持っています。

免疫蛍光/ IF / ICC抗体は、Sino Biological Inc.の大きな抗原ライブラリーに基づいて、抗原ブロッキングアッセイで確認されています。

免疫蛍光法は、免疫系の標識における最も最初に開発された技術の1つであり、免疫学、生化学および微視的 な技術に基づく技術です。蛍光顕微鏡は、蛍光を検出するためのツールであり、実験結果において重要な役割を果たします。 良好な蛍光顕微鏡は、より良好でより明瞭な蛍光結果をもたらすことができます。

従来のフィールド照明顕微鏡と比較して、焦点深度と照明強度の制御、非焦点面のノイズ干渉の低減、一定の厚さの標本から光学セクションを得られることなど、多くの独特の利点がありますが、どちらもCTです。通常の光源では、非焦点面情報の干渉が避けられないが、共焦点技術の中核技術は、空間フィルタリング技術を用いて特定の厚さの標本の非焦点面情報を除去することです。共焦点顕微鏡は科学研究分野で急速な発展を遂げました。その主な理由は、通常の蛍光顕微鏡を変更せずに生産方法で観察することができ、非常に明確な高品質の画像を観察することができ、また、生細胞または組織を観察するのに非常に便利です。共焦点技術は光学顕微鏡技術の最も重要な成果の1つになっています。

免疫蛍光イメージングには、蛍光顕微鏡法と共焦点顕微鏡法という2つの主要な種類があります。コア技術の焦点は、空間フィルタリング技術を使用して一定の厚さの標本の非焦点面情報を除去することで、光学顕微鏡(CT)は干渉を低減し、画像品質を改善することができます。

標的:CD19
品番:11880-MM12
陽性細胞: Daudi
陰性細胞: MSC
標的:CD31
品番: 10148-R024
陽性細胞: Daudi
陰性細胞: MSC