免疫蛍光/IF/ICC抗体の特徴

Sino Biological Inc.は、集中的に生産する世界最大のタンパク質メーカーです。80以上のバイオリアクター(2L-1000Lの細胞培養能力)があり、40のプロジェクトを同時にサポートします。3年未満で、Sino Biologicalは6000種以上のタンパク質とモノクローナル抗体を持つ最大のタンパク質バンクを構築し、世界のトップ10の製薬/バイオテクノロジー企業を含む顧客にサービスを提供しています。また、cDNA、細胞因子、トランスフェクション試薬などの製品も良い口コミを得ました。当社のコアサポートチームは中国、アメリカ、ヨーロッパのトップ大学やグローバル製薬/バイオテクノロジー企業で訓練を受けたことがあり、タンパク質/抗体の研究、生産と分析における豊かな経験を持っています。

cDNA、サイトカイン、トランスフェクション試薬のような製品も良い口実を得ました。当社のコアサポートチームは中国、アメリカ、ヨーロッパの一流大学や一流の多国籍製薬/バイオテクノロジー企業で研修を受けたことがあり、タンパク質/抗体の研究、生産および分析に豊かな経験を持っています。他のリーディングブランドと比較して Sino Biologicalが提供する抗体は5pgまで低いという、高い抗原親和性を有します(平均して他のプロバイダーよりも10〜200倍高い)。その驚くべき特徴は、厳しいQCプロセスとさまざまな分析手法に基づいています。Sino Biological Inc.の抗体は免疫組織化学/ IHC、フローサイトメトリー/ FACS、免疫蛍光/ IF、免疫蛍光/ IF / ICC、免疫沈降/ IP、ウェスタンブロット/ WBおよびELISAなどの様々なアプリケーションを満たすことができます。

弊社は高品質の免疫蛍光/ IF / ICC抗体の開発にコミットいます。Sino Biological Inc.の免疫蛍光/ IF / ICC抗体は厳格なスクリーニングと検証プロセスで開発され、すべての免疫蛍光/ IF / ICC抗体はユーザーの参照用のテスト画像があります。弊社の抗体は、厳格なネガティブコントロールまたはFACS、IHCまたはWB確認で複数の細胞種類によって検証されています。さらに、弊社の免疫蛍光/ IF / ICC抗体をほかのブランドの免疫蛍光/ IF / ICC抗体と比較しました。結果から見ると、弊社の免疫蛍光/ IF / ICC抗体がより良好な親和性と感度を有することが示しました。

特徴1:より良い親和性と感度

弊社の免疫蛍光/ IF / ICC抗体を同じ標的タンパク質を有する他の国際ブランドの抗体と比較しました。全ての実験は同じ条件下で行われました。結果から見ると、弊社の免疫蛍光/ IF / ICC抗体がより良好な親和性および感度を有することが示しました。

EGFR JAM-A GP73 CD155  
Sino Biological Inc.
ほかのブランド

特徴2:複数の種類の細胞による広範な検証

Sino Biological's免疫蛍光/ IF / ICC 抗体は天然細胞で検証済です。免疫蛍光/ IF / ICCで使用される細胞にはHela、MCF7、HepG2およびA431などの複数の腫瘍細胞株のほか、ヒト胚性幹細胞(HESC)およびヒト間葉系幹細胞(MSC)などの複数の幹細胞も含まれます。

A549 HepG2 Hela MCF-7

特徴 3: 厳格なネガティブコントロール

いくつかの標的タンパク質の発現は特異的ですが、それは一部の細胞だけです。すべての陽性細胞および陰性細胞は、免疫蛍光/ IF / ICC抗体の検出に使用することができます。これは、免疫蛍光/ IF / ICC抗体の特異性を検出および検証するために使用できます。

陰性対照 陽性

特徴 4: 社内の共焦点技術サポート

免疫蛍光イメージングには、蛍光顕微鏡法と共焦点顕微鏡法という2つの主要な種類があります。コア技術の焦点は、空間フィルタリング技術を使用して一定の厚さの標本の非焦点面情報を除去することで、光学顕微鏡(CT)は干渉を低減し、画像品質を改善することができます。

蛍光顕微鏡 陽性

特徴5:ほかの方法(FACS、IHC または WB)による確認

抗体の検出方法はいろいろあり、お互いに検証できます。免疫蛍光 / IF / ICC抗体は、IHC、FAC(FC)およびWBによって検証することができます。IHC、FAC(FC)およびWBの結果に一つの結果が正しい場合、免疫蛍光/ IF / ICC抗体が標的に特異的であることが検証されます。

LAMP1 / CD107a 抗体、マウス MAb  
IF/ICC FC IHC WB

特徴 6: 抗原ブロッキングアッセー

抗原ブロッキング試験は、抗体の特異性を証明するのに非常に有効な方法です。抗体が天然抗原との結合が遊離抗原の添加によってブロックされ得る場合、抗体は非特異的結合または他の抗原への結合ではなく、抗原を特異的に認識することが示されます。免疫蛍光/ IF / ICC抗体は抗原ブロッキングで再度確認することができます。免疫蛍光染色の正確さは、抗原ブロッキング後に消失し、これは、免疫蛍光/ IF / ICC抗体がより優れた特異性を有することを意味します。

陽性結果 抗原ブロッキング