免疫蛍光/IF/ICC抗体 - ガン

背景知識

免疫蛍光法は、蛍光標識抗体を利用して特定の標的抗原を検出するために使用する強力な技術です。免疫蛍光は、フルオロフォアに化学的に結合した単一の一次抗体を使用します。一次抗体は標的抗原を認識し、特異的エピトープに結合します。結合したフルオロフォアは、蛍光顕微鏡を介して検出することができます。この技術は非常に感度が多用途で、免疫学、細胞形態学、遺伝学、診断および組織病理の分野において多くの用途があります。
癌は、異常細胞が制御なしに分裂し、他の組織に侵入することができる疾患の一種です。がん細胞は、血液やリンパ系を通じて体の他の部分に広がります。通常、細胞増殖は多くのマカニズムにより厳密に制御されていますが、これらの制御マカニズムの累積崩壊は制御されない増殖および癌形成まで、進行性の誤差蓄積をもたらします。