免疫蛍光/IF/ICC抗体の特徴:より良い親和性と感度

Sino Biological Inc.は免疫組織化学/ IHC抗体、フローサイトメトリー/ FACS抗体、免疫蛍光/ IF / ICC抗体、免疫沈降/ IP抗体、ウエスタンブロット/ WB抗体およびELISA抗体を含む様々な抗体の開発にコミットしています。抗体の各アプリケーションはいずれも厳格なスクリーニングと品質管理テストを受けました。 Sino Biological Inc.はすでに、厳密に試験された400種類の高品質免疫蛍光/ IF / ICC抗体を開発しました。免疫蛍光/ IF / ICC 抗体の試験画像は、ユーザーの参照のためにウェブサイトに掲載されています。

Sino Biological Inc.の免疫蛍光/ IF / ICC抗体は主に6つの特徴があります。 1つ目は、他の主要ブランドの免疫蛍光/ IF / ICC抗体よりも優れた親和性と感度を持つことです。Sino Biological Inc.の免疫蛍光/ IF / ICC抗体は、複数の細胞型によって検証されています。 いくつかの免疫蛍光/ IF / ICC抗体は、厳格な陰性対照によってさらに検証されています。Sino Biological Inc.は、写真と画像がきれいで明瞭であることを保証する免疫蛍光/ IF / ICC抗体の検出のための良好な共焦点プラットフォームを有します。また、Sino Biological社は他のメカニズムに基づいて免疫蛍光/ IF / ICC抗体を確認できる抗体検査用の他のテストプラットフォームも持っています。免疫蛍光/ IF / ICC抗体は、Sino Biological Inc.の大きな抗原ライブラリーに基づいて、抗原ブロッキングアッセイで確認されています。

抗体抗原反応は免疫学的検出法の基礎で、抗体の品質は免疫学的検出法の成功または失敗を決定します。抗体の感度と抗原結合親和性および抗体抗原反応は、抗体の品質を判断する基準の一つです。 抗体の親和性は、抗体抗原の結合能力と高度に関連しています。 検出の過程で、それは非常に良好で安定しています。 実験のプロセスにおいては、抗体の感度が高ければ高いほど、非常に少量の抗体が抗原と組み合わせることができ、実際の検出プロセスでは、抗体の使用量が大幅に減少し、バックグラウンドを減らすことができるか、または良好な結果が得られ、ユーザーのコストも節約することができます。

すべての抗体関連実験では、抗体の親和性および感度は2つの肝心な要素です。 一般に、抗体親和性が高く良いほど、抗体感度も高いです。 抗体調製の過程で厳密なスクリーニング法を用い、各抗体を厳密に試験し、得られた抗体がWBアプリケーションに使用できることを確認しました。最終的な抗体調製物は品質が非常に良好です。

弊社の免疫蛍光/ IF / ICC抗体を同じ標的タンパク質を有する他の国際ブランドの抗体と比較しました。全ての実験は同じ条件下で行われました。結果から見ると、弊社の免疫蛍光/ IF / ICC抗体がより良好な親和性および感度を有することが示されました。

EGFR
Sino Biological Inc.
ほかのブランド
JAM-A
Sino Biological Inc.
ほかのブランド
GP73
Sino Biological Inc.
ほかのブランド
CD155
Sino Biological Inc.
ほかのブランド
CD9
Sino Biological Inc.
ほかのブランド
LAMP1
Sino Biological Inc.
ほかのブランド