細胞質タンパク質の良い結果は何ですか?

免疫蛍光につきましては、研究者は常に、どんな結果が良い結果ですか、そしてどんな結果が悪い結果ですかという疑問を持っています。結果の判断は不確かなステップであるため、この質問の答えは単一ではありません。考慮すべき要素は多くあります。細胞質のみで発現する分子やタンパク質は、免疫蛍光の結果が正確に確認できます。陽性対照には、核および膜は含まれていないべきです。しかし、標的分子またはタンパク質は細胞質だけでなく、他の場所でも発現する場合、結果を確認しにくくなります。しかし、知られているよに、良好な免疫蛍光結果はバックグラウンドを持たないべきです。さて、良い免疫蛍光と悪い免疫蛍光の1つの例を見てみましょう。

良い結果

標的:ヒト AFP
よくない結果

標的:ヒト AFP