良いまたは良くないIF/ICC結果の例

免疫蛍光の結果は、蛍光画像を介して研究者によって実現され、確認されます。すべての研究者は、蛍光画像に基づいて結果が良いかどうかを判断します。実際に、研究者が免疫蛍光の多くの画像を見る際、最も知りたいことは、画像が良いかどうかということです。長年の免疫蛍光の経験を持つ研究者も、免疫蛍光/ IF / ICC実験の研究の中では同じ問題があります。特に免疫蛍光/ IF / ICC抗体を購入する際には、蛍光画像を持つ抗体が多くあります。各抗体は、他の抗体とは異なる画像で示されます。どの抗体を選択すべきですか?異なる標的タンパク質が異なる細胞の同じ場所で発現していますか?細胞内における発現が異なる標的タンパク質はどのような色(蛍光)ですか?ここでは、良好な免疫蛍光結果および不良な免疫蛍光結果が示されており、良好な免疫蛍光結果がどのような様子ですか、悪いまたはあまり良くない免疫蛍光結果がどのような様子ですかを示しました。いくつかの細胞の異なる位置で発現される標的タンパク質が例として挙げられます。A431、Hela、A549などいくつかの一般的な細胞があります。 いくつかの細胞で発現位置が異なるいくつかの結果もあります。

異なる細胞
 
A431
 
Hela
 
A549
 
HepG2
 
HESc
 
MCF7
 
PC3
 
SHSY5Y
 
SKBR3
 
Raw264.7
 
マウス脾細胞
 
 
細胞膜
 
ミトコンドリア
 
チューブリン
 

細胞質

ゴルジ体
 
 
小胞
 
リソソーム