エピジェネティクスタンパク質

エピジェネティクスに関するより多くの情報

  • 細胞周期
  • DNA / RNA
  • ヒストン
  • クロマチン結合タンパク質
  • RNAi
  • アポトーシス
  • ヒストン修飾酵素
  • クロマチンリモデリング
  • 染色体構造
  • 核シグナル伝達経路
  • DNA メチル化
  • 転写

特色のあるエピジェネティックなタンパク質の一部

品番 製品名 純度 内毒素
10774-H02H ヒト CD40 / TNFRSF5 タンパク質 (ECD, Fc Tag) > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50976-M08H マウス NBL1 / DAND1 / DAN タンパク質 (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80243-R02H ラット TrkB / NTRK2 タンパク質 (Fc Tag) > 92 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10804-H08H1 ヒト TGFB1 (LAP) / TGF-β1 タンパク質
(His Tag)
> 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10415-H08H ヒト TRAILR3 / TNFRSF10C タンパク質
(His Tag)
>95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
70084-D08H 犬 NRG1-αタンパク質 (ECD, His Tag) > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10012-H02H ヒト VEGFR2 / Flk-1 / CD309 / KDR タンパク質
(Fc Tag)
> 97 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80181-R08H ラット TNFR1 / CD120a / TNFRSF1A タンパク質
(His Tag)
> 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
16137-H08H ヒト Frizzled-4 / FZD4 / CD344 タンパク質
(His Tag)
> 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
90304-CCCH カニクイザル/アカゲザルc-MET / HGFR タンパク質 > 90 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10822-H08H ヒト CEACAM1 / CD66a タンパク質 (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10804-H08H ヒト潜在性TGF-β1 / TGFB1 タンパク質 (His Tag) > 95% SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80224-R08H ラット CEACAM1 / CD66a タンパク質 (His Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された <1.0 EU/μg タンパク質
80151-R02H ラットCD40 / TNFRSF5 タンパク質 (Fc Tag) > 95 % SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質

Sino Biological Inc.のエピジェネティック関連製品

  • エピジェネティクス抗体
  • エピジェネティクスELISAキット
  • エピジェネティクスタンパク質
  • エピジェネティクス遺伝子cDNAクローン

エピジェネティクスの背景

エピジェネティクスは、DNA配列の変化と関係ない遺伝的細胞性および生理学的特性である。各細胞は同じDNA配列を含むが、エピジェネティックな調節は所与の細胞型における正しい転写パターンを制御する。したがって、エピジェネティックな調節は細胞増殖、分化および成長において重要な役割を果たす。エピジェネティックな修飾にはヒストン修飾、DNAメチル化およびRNAiが含まれる。ヒストンタンパク質の翻訳後修飾には、ヒストンアセチル化、メチル化、リン酸化、ユビキチン化及びSUMO化がある。ヒストンアセチル化とメチル化は、最も豊富で広く研究されているヒストン修飾であり、複数のタンパク質によって高度に調節される。「ライター」はヒストンにメチル基またはアセチル基を付加し、「イレーザー」はこれらのマークを除去し、「リーダー」は修飾ヒストンを認識する。例えば、ヒストンアセチル化は2つの酵素ファミリーによって調節され、ヒストンアセチル転移酵素 (HAT) によってアセチル基をヒストン上のリジン残基に添加し、そして ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)によって除去する。修飾されたリシン残基を有するヒストンは、ブロモドメインを有するタンパク質ファミリーに認識される。エピジェネティックスは基本的プロセスに関与しているため、異常なエピジェネティックな制御は遺伝子発現の変化を引き起こし、病状を引き起こす可能性がある。エピジェネティクスは創薬にとって有望な分野である。