ELISA FAQ

ELISAとは?

酵素結合免疫吸着検定法(ELISA)は酵素免疫測定法(EIA)としても知られ、主に免疫学においてサンプルにある抗体または抗原の存在を検出するために使用される生化学的技術です。ELISAは医学および植物病理学における診断ツールとして使われます。また、食品産業におけるELISA適用など様々な産業における品質管理チェックにも使われます。簡単に言えば、ELISAにおいて、未知の量の抗原を表面に添付し、次いで、抗原に結合することができるように特異的抗体を表面上に付けます。抗体はある酵素に連結します。最後のステップで、ある物質を加えます。酵素はその物質を検出可能なシグナルに変換します。それは最も一般的には化学基質における色の変化です。

ELISAの利点は何ですか。

他の免疫測定法と比較して、ELISAは多くの利点があります。より正確で、高感度、高特異的で、体内の物質を検出するために使用される他の方法(ラジオイムノアッセイ(RIA)試験など)と比較して優れていると考えられています。また、放射性同位体(放射性物質)または高価な放射線測定器(放射線計数装置)を必要としないという追加の利点を有します。

Sino Biological Inc.のELISA抗体はどのように保存しますか?

保存に関する具体的な推奨事項は分析証明書に記載されています。すべての抗体をより小さなアリコートに分注し、-20℃またはそれ以下の温度で保存することを推奨します。抗体の活性に影響するため、複数の凍結融解サイクルを避けてください。抗体がデータシートに記載されているように保存されていない場合、抗体の性能を保証することはできません。

Sino Biological Inc.のELISA抗体の保存期間はどのくらいですか?

データシートに他に示されていない限り、抗体のほとんどは2℃-8℃で保存した場合、検出可能な活性の損失なしに1ヶ月間保存することができます。そして、-20℃〜-70℃で保存した場合、受領日から12ヶ月間安定です。反復凍結融解は避けるべきです。

Sino Biological Inc.のELISA抗体はどのように供給されていますか?

すべてのSino Biological Inc.のELISA抗体は液体として供給されています。周囲温度での送達の間は安定のままです。当社は、7日間以上にわたって、-20℃、室温と37℃ですべての抗体の安定性および活性を試験しました。3つの条件での抗体は、同じ活性と安定性を持つことが判明しました。