DAB免疫組織化学/ IHC

DAB(3,3'-ジアミノベンジジン)は、ペルオキシダーゼおよび過酸化水素の存在下で酸化され、酵素活性部位に褐色のアルコール不溶性沈殿物が沈着します。暗褐色の反応生成物を生成し、免疫組織化学およびブロッティングアプリケーションに使用することができます。

DABは、単一の標識として、または複数の抗原標識のための第2の色として有効です。 その耐熱性のために、DABはIHC / ISH二重標識アプリケーションに使用することができます。 イメージングシステムとソフトウェアの助けを借りて、DABのスペクトルプロファイルは、抗原が共局在化されているアプリケーションでは、他の独自の酵素基質と区別することができます。 DABで染色した切片は、暗視野と電子顕微鏡で見ることもできます。 DABで開発されたスライドは脱水、清潔、永久的に封入することができます。

DAB免疫組織化学基質は2つの成分の液体基質系として供給され、免疫組織化学法およびin situ ハイブリダイゼーション法でペルオキシダーゼを迅速かつ簡単に検出するために設計されました。この2つの成分は、DAB Immunohistochemistry Concentrate(試薬A)およびDAB Immunohistochemistry Reaction Buffer(試薬B)で構成されています。これは、すぐに使用できる過酸化水素を含む反応バッファーです。