フローサイトメトリー/ FACSで確認済

Sino Biological Inc.は免疫組織化学/ IHC抗体、フローサイトメトリー/ FACS抗体、免疫蛍光/ IF / ICC抗体、免疫沈降/ IP抗体、ウエスタンブロット/ WB抗体およびELISA抗体を含む様々な抗体の開発にコミットしています。

抗体の検出方法はいろいろあり、お互いに検証できます。免疫蛍光 / IF / ICC抗体は、IHC、FAC(FC)およびWBによって検証することができます。IHC、FAC(FC)およびWBの結果に一つの結果が正しい場合、免疫蛍光/ IF / ICC抗体が標的に特異的であることが検証されます。

フローサイトメトリー/ FACSで確認済の免疫蛍光染色 (IF) 用抗体

CD146 品番: 10115-R044-F

Hela細胞におけるヒトCD146の免疫蛍光染色。細胞を4%PFAで固定し、10%血清でブロックし、ウサギ抗ヒトCD146モノクローナル抗体(FITC標識、10μg/ ml)と4℃で一晩インキュベートし、DAPI(青色)で対比染色しました。陽性染色は細胞膜に局在しました。
フローサイトメトリーで分析したHeLa細胞に対する抗CD146反応性の特性。

CD147 品番: 10186-MM08-F

マウスモノクローナル抗体(15μg/ mL)を用いたHela細胞におけるヒトCD147の免疫蛍光染色。この画像はHeLa細胞の膜染色を示しました。一次抗体(FITC標識)を37℃で1時間インキュベートしました。
フローサイトメトリーで分析した末梢血リンパ球の特性。 ヒストグラム細胞は、細胞FSC、SSCパラメータによって決定される生リンパ球です。

BMP4 品番: 10609-MM02

Hela細胞におけるヒトBMP4の免疫蛍光染色。細胞を4%PFAで固定し、1% Triton X-100含有PBSで透過処理し、10%血清でブロックし、マウス抗ヒトBMP4モノクローナル抗体(15μg/ml)と37℃で1時間インキュベートしました。Alexa Fluor® 488標識 ヤギ抗マウスIgG二次抗体 (緑色)で染色し、DAPI(青色)で対比染色しました。陽性染色は細胞質に局在しました。
HeLa細胞におけるヒトBMP4のフローサイトメトリー分析。細胞を製造元のマニュアル(BD Pharmingen™ Cat. No. 554714)に従って処理し、精製された抗ヒトBMP4、次いでFITC標識二次抗体で染色しました。ヒストグラム細胞は、細胞FSC、SSCパラメータによって決定される完全な細胞です。

OLFM4 品番: 11639-MM12

A431細胞におけるヒトOLFM4の免疫蛍光染色。細胞を4%PFAで固定し、0.3% Triton X-100含有PBSで透過処理し、10%血清でブロックし、マウス抗ヒトOLFM4モノクローナル抗体(15μg/ml)と37℃で1時間インキュベートしました。Alexa Fluor® 488標識 ヤギ抗マウスIgG二次抗体 (緑色)で染色し、DAPI(青色)で対比染色しました。陽性染色は細胞質に局在しました。
DU145細胞におけるヒトOLFM4の発現のフローサイトメトリー分析。細胞を製造元のマニュアル(BD Pharmingen™ Cat. No. 554714)に従って処理し、精製マウス抗OLFM4(11639-MM12,1μg/ test)、次いでFITC標識二次抗体で染色しました。ヒストグラム細胞は、細胞FSC、SSCパラメータによって決定される完全な細胞です。