CD分子タンパク質

Sino Biological Inc.分化群(CD)タンパク質のメリット

  • • ウサギMab&マウスMab
    • 高親和性、高感度
    • 複数の組織で検証済み
    • 高純度タンパク質
  • • 複数のアプリケーション
    • 在庫あり、24時間以内に出荷
    • ホット薬剤標的
    • 高い生物活性

おすすめCDタンパク質の一部

10400-H03H ヒト CD4 / LEU3 タンパク質(His & Fc Tag) > 92 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10073-H01H ヒト CD14 タンパク質(Fc Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11880-H08H ヒト CD19 / Leu-12 タンパク質(His Tag) > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
80307-R08H ラットCD68 / マクロシアリン タンパク質(His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10015-H01H ヒト GM-CSF / CSF2 タンパク質(Fc Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10346-H03H ヒト ICAM-1 / CD54 タンパク質(His & Fc Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10084-H02H ヒト PD-L1 / B7-H1 / CD274 タンパク質(Fc Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10161-HCCH ヒト CSF1R / MCSF 受容体 / CD115 タンパク質 > 90 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
11215-H08H ヒト LAMP1 / CD107a タンパク質(His Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
10148-H02H ヒト CD31 / PECAM1 タンパク質(Fc Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50001-M08H マウス ANPEP / APN / CD13 タンパク質(His Tag) > 97 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質
50078-M03H マウス ALK-3 / BMPR1A タンパク質(His & Fc Tag) > 95 %  SDS-PAGEによって測定された < 1.0 EU/μg タンパク質

CDタンパク質の背景知識

分化群(略称:CD)は、白血球(免疫系の細胞)上に存在する細胞表面分子の同定と調査に使用されるプロトコルである。分化群の命名は、白血球の表面分子上のエピトープに対して、世界中の異なる研究所によって生成された多くのモノクローナル抗体(mAb)の分類のために提案された。それ以来、分化群の使用は他の多くの細胞型に拡大してきており、ヒトのCDは最近では最大で350に達している(2009年現在)。分化群の命名は、1982年にパリで開催された第1回国際白血球分化抗原会議(HLDA)で提案され確立された。免疫学者は、白血球細胞表面分子と反応する多数のモノクローナル抗体を作製した。これらのモノクローナル抗体はそれぞれ異なる命名法を用いた。比較研究がない場合、同じ分子が複数の抗体によって認識されるかどうかを知ることは不可能であった。ワークショップのアプローチは、抗体をコードし、それを複数の細胞タイプに対する盲検分析のために複数の参加ラボに送ることであった。データを照合し、「クラスター分析」の統計的手順によって分析した。この分析方法は、分化の様々な段階で白血球への非常に類似したパターンの結合を有する抗体のクラスターを同定したので、「分化群」(CD)命名法と呼ばれるのである。

Click here to get all the CD antigens list.