IFとIHC はどちらがよりよい方法ですか。

この2つの方法は同じ特性を有し、どちらも抗体と抗原の特異的反応に基づきます。同時に、それぞれ長所と短所があります。異なる標的分子は発現の状況が異なり、異なる方法で検出する場合、結果が完全に一貫しない場合があるため、どの方法がより感度が高いかまたは最良の方法であるかを決定することは容易ではありません。 研究者の主な目的についてよく考えてください。組織中の標的分子の発現を知りたい場合、免疫組織化学(IHC)をお勧めしますが、 組織における詳細な発現位置または発現状況、または細胞における標的の局在を確認したい場合、免疫蛍光(IF)をお勧めします。