抗原賦活化プロトコール

Antigen retrieval refers to any technique in which the masking of an epitope is reversed and epitope-antibody binding is restored. Why is antigen retrieval necessary in immunohistochemistry (IHC)? The impaired ability of antibodies to access epitope in fixed tissue can impact IHC staining. Protein fixation creates crosslinks that mask tissue antigen and limit antibody-epitope binding.

タンパク質分解酵素処理

• 抗原賦活バッファー

      2 mg/ml pepsin in Tris-HCl pH 2.0
または 0.5 mg/ml trypsin in Tris-HCl pH 8.0

• プロトコール:

1.バッファーを37℃に予熱します。
2.切片を賦活バッファーの中に37℃で10-20分間保存します。
3.コラーゲン、GFAP、Complement、Cytokeratin、C-erB-2、LCA、LNなどの固定剤によってマスキングされた抗原に適しています。

熱処理

• 抗原賦活バッファー(エピトープ賦活):

 10 mM Sodium Citrate pH 6.0

• プロトコール:

1. 抗原賦活バッファーを沸騰させるまでマイクロウェーブして、電源を切って、切片を入れます。
2.ステップ1を1〜2回、それぞれ5〜10分間繰り返します。
3.室温で冷却し、dH2Oで洗浄します。

好ましい抗原:

Bcl-2, Bax, c-myc, E-cadherin, ChromograninA, 熱ショックタンパク質, HPV, P-glycoprotein, PKC, PCNAなど