オートファジーシグナル伝達

オートファジー

オートファジーは、発達の重要な時期と栄養素ストレスへの応答においてエネルギー源のバランスをとることにとって重要な自己分解的プロセスである。オートファジーはまた、ミスフォールドタンパク質または凝集タンパク質の除去、ミトコンドリア、小胞体およびペルオキシソームなどの損傷を受けた細胞小器官の除去、ならびに細胞内病原体の除去においてハウスキーピングの役割を果たす。

オートファジーのプロセスは、誘導、カーゴ認識および選択、小胞形成、オートファゴソーム - 液胞融合、およびカーゴの分解とそれに続く分解産物のサイトゾルへの放出を含む、いくつかの連続的なステップからなる。さまざまなオートファジー関連(Atg)タンパク質のセットがこれらのステップに関与しており、コアオートファジー機構からなる。

よく知られているように、オートファジーを負に調節し、栄養状態を感知し、そして細胞分裂および増殖を活性化する2つのよく特徴付けられたシグナル伝達カスケードは、mTORおよびRas-cAMP-PKA経路である。オートファジー誘導の重要な調節因子として、mTORキナーゼはmTOR(AktおよびMAPK-Erkシグナル伝達経路)を活性化してオートファジーを抑制し、そしてmTOR(AMPKおよびp53シグナル伝達経路)を負に調節してそれを促進する。酵母Atg1と同様の役割を果たすULKは、mTOR複合体の下流で作用する。ULKはAtg13および足場タンパク質FIP200と大きな複合体を形成する。 もっと見る......

Autophagy Signaling Transduction

細胞シグナル伝達